費用について

案内する女性

遺産相続問題などで弁護士を利用する場合には、予算を立てることが大切です。弁護士事務所によって利用料金が異なる場合が多いため、相談料や着手金、報酬金、など必要な料金の項目を把握する必要があります。

Read more

会社を作るために

ファイルを開く女性

最近、メディアで注目を集めているものには、インドネシアでの会社設立が挙げられます。インドネシアではIT技術が進んでいて優秀な人材が多いため、一から会社を始める時に向いている地域と言えます。

Read more

デリケートな問題

名刺を差し出す手

弁護士事務所でも相談件数が多い事例には離婚問題があります。大好きだった人と結婚したはずなのに、縁を切りたくなるようなトラブル発展することが多いことから、離婚専門弁護士を利用する方が増えています。

Read more

弁護士に任せる

シニア夫婦と資料

インドネシアの会社設立をサポートしてくれるのは:サリカ

 家族が亡くなった後で、残された遺産の取り分をめぐり、相続人同士のトラブルが発生するケースがよくあります。遺言書が残されている場合は、そこに書かれている内容にしたがって遺産を分けることになるのが原則です。一方、遺言書が残されていなかった場合には、法定相続分にしたがって遺産を分けるようにするのが望ましいです。しかし、実際には、平等に分割することが難しい遺産が少ないないため、トラブルになってしまうことがよくあります。相続トラブルが起こってしまった場合には、身内だけで解決しようとするのではなく、法律の専門家である弁護士の助力を仰ぐようにするのが望ましいです。弁護士が介入することで双方が冷静になり、調停や訴訟を起こすまでもなく、問題解決に至るケースがよくあります。インターネットを利用すれば、相続問題を得意としている弁護士を簡単に見つけ出すことができますので、困っている人は探してみることをおすすめします。

 親の遺産を兄弟2人で分けることになったとします。その場合、特に遺言書が残されていないのであれば、兄弟で2分の1ずつ財産を相続するのが原則になります。しかし、時折、片一方の相続人が遺産を独り占めしてしまうことがあります。残されていた遺産が土地だけであった場合などは、書類を偽造して、自分の登記名義に勝手に変えてしまったりするようなことが実際によくあります。登記名義が既に変更されてしまっていたとしても、簡単に諦めてしまう必要はありません。弁護士に依頼すれば、そのような虚偽の登記を抹消して、正しい登記に直す手続きを取ってもらうことができます。裁判所を介する手続きになりますので、素人が自分一人で行うのは大変です。ですので、費用はかかりますが、信頼できる弁護士に任せてしまうのが一番です。

相続問題について

たくさんの札束

両親や祖母が亡くなった場合に起こりえる問題が相続問題です。親族同士でお金を巡って深刻なトラブルに発展することも少なくありません。最近では、相続放棄を行うことで問題解決に導けたケースもあります。

Read more

お金を取りせる

コールセンターで話す女

テレビコマーシャルで話題になっているものには「過払い金」が挙げられます。個人で消費者金融からお金を返してもらうことは大変ですが、弁護士を利用することで大きなトラブルを起こさず、払い過ぎたお金を取り戻すことができます。

Read more