お金を取り返せる

案内する女性

貸金業法が改正され、それまでは一応有効とされていたグレーゾーン金利が完全撤廃されました。そのおかげで、過去に消費者金融から利息制限法の上限利率を超える金利でお金を借りていた人は、過払い金を返してもらえることになりました。でも、何もしない人にまで、消費者金融が親切にお金を返してくれるわけではありません。まず、自分が取引をしていた消費者金融に対し、お金を返してくれるようにと請求する必要があります。ただし、過払い金の支払いは、どの消費者金融にとっても非常に重い負担になっていますので、業者としてはなるべく支払いたくないのが正直なところです。素人が自分一人だけで消費者金融に乗り込んでいったとしても門前払いされてしまうのがオチですので、過払い金を確実に取り戻したいと考えているのであれば、専門家のサポートを受ける必要があります。

過払い金請求で利用できる専門家としては、弁護士と司法書士をあげることができます。最近、過払い金の相談に対応できることを売りにしている行政書士を見かけることがありますが、行政書士には本人を代理して金融業者と交渉する権限が認められていません。ですので、専門家を利用するのであれば、弁護士もしくは司法書士ということになります。ただし、あまり身入りの良い業務とは言えないため、過払い金問題の対応に消極的な弁護士が少なくありません。現実的なことを考えると、現在過払い金問題で一番活躍しているのは司法書士です。司法書士に過払い金請求を依頼した場合、金融業者1軒につき、5万円程度の料金がかかるようになっているケースが多いです。全て込みで5万円ですから、決して高すぎる金額ではありません。